HOTARU―一瞬-トキ-の輝きは、蛍のように―Ⅳ

作者蘭菊

一人の少女がちゃんとした“光”を見つける物語。

 










未来なんて、決まっている







その通りになるのなら……












「自由に、生きたいよ……」












何もかも失った


小さな












「君は今、なんで生きてるの?」