「反乱ロボットども、すべて機械城に入りましてございます」クルトフが、地下トンネル内の秘密基地にいるロセンデールに告げていた。[思いどおりですね、クルトフ君」

ロボサムライ駆ける第五章 機械城

 大阪湾の空母ライオンの会場のあたりが急に騒がしくなった。

「剣闘士の試合をただちに止められい」

 鑑橋本部からのアナウンスが会場に響きわたる。

「どうした、なにごとだ」

 剣闘士たちも尋ね合う。

「会場におられる皆様方、速やかに退場口より退場されたい」

 空母上の観客たちもざわめきあう。大阪港の荷物置き場あたりに、火の手が上がっていた。都市連合の装甲車が出動して行く。

「どうやら反乱が起こったようだな」

 主水の隣にいるロボットが、つぶやいていた。

「一体、誰の反乱なんだ」