少女とミルクとブラックコーヒー

作者めけこ

ある事で親から見捨てられた、"ひな"が出逢ったのは、世にも破天荒な人達でしたーーーーーーーー。
















「「おねーさん、どうしたの??」」






















行く宛もなく、途方にくれてた私を拾ってくれたのは、可愛い可愛い同じ顔をした天使たち。




そして、私にはまだまだ飲めないブラックコーヒーのような人でしたー。