明日の午後には

作者RIN

やんちゃな青年と温厚な青年。彫り師とヤクザ。元モデルとそのストーカー。画家の卵と貴族の青年。真面目な文学青年と遊び人。


明日の午後には何があるのだろう。


それはきっとハッピーエンドかもしれないね。


いや、バッドエンドかもしれないよ。


何をもってハッピーで、何をもってバッドかな。


僕の人生はきっとハッピーエンドかな。


だってあなたのシャツを捨てることが出来たから。