白馬の悪魔さま【完】

作者卯花かなり

白馬の王子様に出会う準備は、いつだって出来ている。だけどいつも、魔法が解けるように失敗続き。そんな私の前に現れたのは、強引で甘い俺様社長。この男、信用出来る?



「女の子は綺麗にしていないと」


『どうして?』


「王子様に見つけてもらうためよ」


『王子様?』


「そう、白馬に乗った王子様にね」




家崎 芙美 27歳 


【独身】


趣味は、仕事と女磨き


付き合った男は、数知れず


だけどまだ、


王子様は現れない。




「それって俺のこと?」



現れたのは



白馬に乗った悪魔!?



『改名したら!?』