宵明けの花【完】

作者黒瀬あや

誰もが嘘を吐き本音を隠す、夢見の籠の中。そこが私の生きる世界の全てだった。長かった――宵が、明ける。





音楽企画『fall in XXX』提出作品