†星の子に恋して[完]

作者葡波

*10万Hit小説*
「夜の俺は、お前のものじゃねぇ」
蒼い瞳で彼はそう言った…。
ようこそ、妖艶で危険なヴァンパイアたちの世界へ――…

 


 


 



 


「俺のそばに居ろよ」


 


甘い愛の言葉と


 


 


「夜の俺はお前の物じゃねぇ」


凍るような冷たい目線


 


 


ようこそ。


血の香りの ヴァンパイアの世界へ――


 


 


 


2010.4.15 本編最後に人物紹介設置。


5. 1 「MOON...FOREST」にて関連詩up。


5.30 完全完結


 


2010.7~8月 iらんどランキングファンタジー部門1位になりました!ありがとうございます!


 


 


 



HPトップへ戻る