-666-【完】

作者威琉

苦しくて孤独な日常に耐え切れなくなった私が、この命を棄てようとした時に笑ったのは、誰よりも美しい悪魔だった。





その日……



私は死ぬはずだった








「その命、いらないなら僕に頂戴。」






月の綺麗な夜、妖艶な悪魔に囚われる






9a1423b05341





※誹謗・中傷はご遠慮ください。

※悪魔と鴉にはご注意ください。