瞬きさえも忘れていた。(完)

作者斜木透子



涼しげな無表情が、


妖しくて神秘的だと思った。








「あんた、簡単にヤらせてくれそう」


「泣くの? 図星だから?」



それでも私の視線はあなたを追い続ける。


瞬きさえも忘れて……。








6/2 無事完結致しました。

いつも温かい応援コメントをくださり、ありがとうございました。

読んでくださった全ての方に感謝をこめて……。


斜木透子