陽炎の恋

作者魅洛

父の言いつけでひと夏を田舎の別荘で過ごすことになった私。そこで待っていたのは自称、売れない役者の使用人だった。





私は望めば何でも手に入る



私に反対する人はいない



私は何をしても許される




それが私



なのに



一人じゃ何にもできねぇんだな

『お嬢様』 




アイツは反抗するし



甘くないし



―――手に入らない




 

私が欲しいんでしょ?



―それはまるでひと夏の、陽炎のような関係―