雪に想いを…

作者魅洛

中学生から腐れ縁のアイツ。アイツのことが好きなのに、気持ちを押し隠して大人になった。知られたいのに、知られたくない。私の気持ちも雪みたいなものなのかしら。



冬の夜



キミへの気持ちを窓に託しました



たった一言が言えない私は臆病者ですか?



でも今はこれが精一杯


雪に想いを