Mさん

Mさん

大事な彼氏を事故で亡くしました。

でも1つずつ思い出していこうと想いと

何より愁くんがいた事を
小説に残したく書きました・・