ファン
6

Camille Hayami

かみーゆ・はやみ

*Camille Hayami von Edelweiss*
I enjoy movies that have a lasting and meaningful message.
長年の友のペンネームはヒロシゲ・ブルーで有名な浮世絵の画家から拝借しておりましたので、わたしは本名とニュアンス的にも接点が多いカミーユ・モネと速水御舟からペンネームを拝借しようと思い、こちらの名義をお借りさせていただい…

パンケーキ・デイ

イレブンジスティーはチョコレートシュトレンにグリューワインティーにミヒェルゼンのシナモン・キャンディスとメープルコモンズベリーマーマレードをひとさじ加えていただいて、至福のイレブンジスティーとなりました。
ヨシ☆これから毎日イースターに向けてスペインでガンガン宗教裁判して四旬節を徹底的に浄化してゆこうと思うます。不浄なる者共よ、穢れた霊魂よ。未来永劫バチカンの鉄槌を受ける覚悟は果たして本当の意味でできているのかね?w
待降節第四主日を過ぎた火曜日のシュトレンは薔薇の月曜日には流石に限界かなと……。
まあベラベッカは四旬節の四十日は冷凍庫保管なら備蓄糧食としてじゅうぶんもつと思われます。イースターまで冷凍庫保管でいいかなと試してみます。
あとそもそも四旬節も旧暦で動いている層は除外で。旧暦はまだ十二夜なので。バチカンと国交ある台湾とか台湾とか台湾の魔法の言葉はある種の赦された感がありますな……あの魔法の言葉とか……エエ……あの魔法の言葉とかですね。台湾の聖なる魔法使いとその学園……うーむ……やはり台湾の魔法使いは素晴らしい。魔法使いたるものやはり童貞でなくてはなりませんね?w
そこに幻想薬があるじゃろ?w
台湾の高雄のバレンタインの魔法は感動的だぞぉ?
春節崇めるなら四旬節しかないでしょ?今でしょ?
草加鎧さん渾身のロマコメ……それはリメンバーパールの恋人と呼ばれております。オモローですよねっ!バレンタインにぴったり。
リメンバーパールホワイトチョコレートをバレンタインデーに渡す……そのリメンバーパールホワイトチョコレートのお菓子は極上なるバレンタインチョコレートなのです。
まず勇敢なる者がスペイン村にリメンバーパールホワイトチョコレートのお菓子を買いにくるのです。
夢のお告げでルーラを唱えたゆうしゃがスペインの村を訪れると、公園では屋台が並んでいたという。
今日は薔薇の月曜日……シエスタ界の夢のカーニバルも最高潮で菓子まきが行われていたためだ。
なぜこのような村を訪れることができるのかと訊ねられたらポルトガルを訪れた際に寄ったことがあるからだ。そう忘れもしないあの日は胡椒を頼まれた。
とりあえず夜になる前に教会でお祈りしよう。ゆうしゃは桜田聖家族大聖堂を訪れた。ようやくここまで復興が進んだと神父さんに話しかけられて、今日は薔薇の月曜日だからとリメンバーパールキャンディの入った小袋をもらった。リメンバーパールのストラップで封緘されており、可愛らしいお土産だ。何でも桜田聖家族大聖堂のお土産として有名らすぃ。
挨拶もそこそこに今日は夜店の屋台でしあわせホルモンの豆乳鍋にりんごに白米をジャスミンティーといただいて、道を思い出しました。これは道のヒロインの名前の花の緑茶でジャスミン・サンバクというお花で香り付けされているのだ。わたしは大道芸を思い出して、夜店でタンメンを楽しんでいた。あれ?タンメン?w
わたしが屋台のお鍋料理をつついていると、おなべのふたを開けた。まだたくさん作ってあるみたいだ。とても美味しそうなにおいが立ちこめた。
ゆうしゃは屋台のおばちゃんにお礼を言うと、ごちそうさまと伝えて、宿屋へ向かうのでした。
宿の手配を済ませると、宿屋の温泉につかって、一日の疲れを癒やす。お風呂上がりに飲むのはフルーツ牛乳と決めている。そういえばリメンバーパールキャンディもフルーツオレ風味だと袋にかかれていた。
わたしは湯上がりたまご肌になるとたまご顔の海江田艦長の新連載を思い出した。そう……わたしが胡椒を頼まれた年のモーニングの新連載だ。
わたしは宿屋の客室に向かうと、とりあえずベッドで休もうと、おくすりを飲んで、ゆっくりと休んだ。
二月十三日、火曜日。
朝の四時前に起床して、おくすりを飲んで、白米と昆布の佃煮とジャスミン・サンバクというお花で香り付けされた緑茶といただいて、客室のルームバーでグリューワインティーにミヒェルゼンのシナモン・キャンディスとメープルコモンズベリーマーマレードをチョコレートシュトレンといただこうかなと考えながら、お茶を煎れると、わたしはこれが静謐なる禅の世界なのだとしみじみ感じるのでした。
それから窓辺とお庭の灌水作業だけハウスに戻って水やりしないといけないかな……パンケーキ・デイのアーリーモーニング……わたしはそんな事を考えながらバレンタインチョコレートシュトレンをグリューワインティーといただいて、温まるのでした。
クリスマス・ランタンの灯りを灯して、バレンタインチョコレートシュトレンをグリューワインティーにミヒェルゼンのシナモン・キャンディスとメープルコモンズベリーマーマレードをひとさじ加えていただく……その静謐なる禅の世界を楽しんで、温まり、窓辺とお庭の鉢植え植物に灌水作業を済ませると、今日はパンケーキ・デイのおまつりがあるらすぃ……わたしは桜田聖家族大聖堂で朝のおいのりを済ませて、英語の聖書を読みながら、朝活の英語のお勉強をしておりました。
ゆうしゃは昨夜も夢のお告げを二種類みたのだが、春節の初夢共々こころのうちにとどめようと思い、桜田聖家族大聖堂でお祈りしたり、英語の勉強をしたり、分かち合いに参加したり、ごミサに与ったりしているのでした。
日々は緩やかに過ぎゆきます。ゆうしゃはリメンバーパールホワイトチョコレートの話を思い出して、神父さんに訊ねると、大聖堂の復興のお駄賃として一箱分けてもらいました。
リメンバーパールホワイトチョコレートのお菓子が入ったギフトボックスは洗練されており、やはりリメンバーパールのストラップで封緘されており、バレンタインチョコレートなので、バレンタインデーに開封してくださいと神父さんは言われた。
ここはスペインの村。のどかな街並みに潮風が映える……ゆうしゃはレアサルベージをしたらベルファストが出た。ベルファスト合意について深く見識を深めると、ベルファストに乗って、艦内の居住区にある居室にリメンバーパールホワイトチョコレートを置いて飾りました。
バレンタインデーの飾り付けをけんじゃが手伝ってくれて一緒にベルファストの艦内をバレンタイン仕様に改装してベルファスト【バレンタインの鉄城】と名付けた。
そう船には名前が必要だ。わたしはこのバレンタインの鉄城【ベルファスト】と共に大海原をゆく……かつての仲間と共に。
グッド・フライデーの合意……それは聖金曜日の合意で……オスロ合意から三十年も経とうとしている。早いものですな。
ゆうしゃは高校の友達や先生たちの事をつい昨日のように思い出すと、素晴らしい青春時代だったと懐かしむのでした。
朝陽がこぼれるように美しい艦内の窓辺から桜田聖家族大聖堂を眺める……故郷を聴きながら眺める景色はとても美しく、ひとかどの安らぎであり、癒しでした。
わたしはけんじゃと英語のお勉強をしていました。聖書は英語で書かれており、英語のお勉強にはうってつけだからです。
ベルファストの厨房に向かい、冷蔵庫の中からたまごと牛乳を取り出して、スクランブルエッグをあいのフライパンで調理して、家庭菜園の菜花のフレッシュサラダ、それにメープルコモンズベリーマーマレードクリームチーズトーストをアップルジャスミンチャイと一緒にけんじゃと自炊して調理してモーニングをいただいた。
イレブンジスティーは黒糖ロールサンドにアップルリングデニッシュに蓬莱の豚まんにジャスミンティーといただいて、カーチャンからもらったお弁当箱からそれらを出して、けんじゃと一緒にいただいて、パンケーキをマルクト広場まで買い出しにベルファストで向かった。
マルクト広場はサミット会場にもなった島の村役場にある。そこに寄港すると、マルクト広場でクッキー&クリームのココア味のパンケーキを購入して、パンケーキ・デイを楽しんだ。
ここのマルクト広場では火曜日はパンと海のお魚ちゃんがおつとめ品なので毎週買い出しにカーチャンに頼まれている。
そして買い出しを済ませると、おうちに帰宅するべくベルファストで帰路に就いた。
ちょっと待った。ルーラを使えば一瞬なのでは?それはナンセンスな質問だ。
海にはロマンがあるからだ。そんな事を言っていたら、手紙に同梱して何か届きましたチリンチリンでもいいと思う。
海のお魚ちゃんとパンとパンケーキを冷凍庫保管して厨房を出ると、日課をこなしてバレンタインクルーを訓練したりした。

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません