ファン
42

 

一瞬、目が合う予感がした……
それがあなたの最初の印象。

あなたの視線は、いつも私のすぐ隣……

どうして、あなたを好きになってしまったんだろう。
私は、今日も、ため息をつく。


ここでの出会いが、あなたの傷みに寄り添えるものになれば幸いです。





*泣きたいくらいのこの想いを、
更新中です。


*著者名変更しました。
改めて、よろしくお願いします。