あくまで死んでます

作者しょん

目が覚めるとそこは、妖怪・悪鬼なんでもござれの地獄の繁華街だった!
ある日突然殺された人間の≪ことは≫は、彼女を殺した地獄の役人≪南天≫に地獄で保護されることに。
地獄の王・泰山府君に付き従う≪南天≫には、一般人である≪ことは≫を殺したある大きな理由があるようで……?



ある日突然殺された。


でも助けてくれたのは

私を殺した男だった。



「用があったので殺した。

これからよろしく頼むぞ」



地獄で巻き起こる

血生臭〜いラブコメ、開幕!