いつかそれが過去になるように

作者宮崎笑子

五年前に突き放した最愛の人の、甘いまなざしを、優しい声を、触れるてのひらを、肌の温度を、抱きしめる力強さを、まだ覚えている。


五年前の叶わなかった初恋


愛してはいけない人だった


愛されてはいけない私だった


でも、望んでしまった



私の真実ほんとうを知ったら


あなたはきっと離れていく


それが怖かったから


私から離れた




年下男アルファ×年上女オメガ




あなたの愛に応えてあげられたら


どれほど私は幸せだっただろう