それでも私は。

作者せふれちゃん

朝が怖くて、起きたくなくても
起きてしまう朝が嫌いだった。

1人は嫌だから、
無意味な行為をするのが毎日。

もう疲れてきた。