生きる。活きる。

作者雪路

主人公は、高校二年生の空。
幼なじみの陸と、考えること、悩むこと。
そんな考え方の話。

僕は今日も諦めていた。今日一人でいることにした。

諦めちゃいけないなんて、そんなの単なる地獄じゃないか。