未知のウイルスにより、この星は支配された。
政治、経済、社会秩序も麻痺し、破滅へのカウントダウンは刻一刻と迫る。

夢に見た世界の崩壊は、誰が望んだものだろうか。

あなたが贈ってくれた薔薇の花が、私の存在証明だ。


※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のも…