憧れていた人には、今は亡き夫がいた―

気だるげな毎日に、何となく嫌気がさしていた彼の前に現れた。いつもと少し様子の違う彼女は、彼に亡くなった夫の話をする。
知る由もなかった彼女の姿を見て、今まで何も知らなかった彼は、心のどこかが欠けていくのを感じた。
夫にどこか似た彼。彼女は、彼を見て何を思って…

憧れていた人には、今は亡き夫がいた―


気だるげな毎日に、何となく嫌気がさしていた彼の前に現れた。いつもと少し様子の違う彼女は、彼に亡くなった夫の話をする。

知る由もなかった彼女の姿を見て、今まで何も知らなかった彼は、心のどこかが欠けていくのを感じた。

夫にどこか似た彼。彼女は、彼を見て何を思っているのか。二人がいちばん近づいた瞬間、彼は未知の感情の昂ぶりに戸惑う。


うっすらと、潮風のように淡い恋。