ななせと北都が同棲を始めて一週間。自分の肌がコンプレックスのななせだが、流されるように初めて身体を交わしてしまい、北都に幻滅されたと思い込む。
一方の北都も、落ち込むななせの様子を見て、昨晩の行為が嫌だったのではないかと心配に。
お互いに心のうちを明かせないまま、ななせはどこかへ出かけてしまう。

  • コメント
  • しおり

物語全体のあらすじ



 黒田くろだななせと恋人の望月もちづき北都ほくとが同棲を始めて一週間。ふたりの新生活は順調に回り出していた。家事を分担し、一緒にご飯を食べ、和やかに笑いながら過ごす日々。


 だが、夕食後に北都がスキンシップを求めると、ななせはそれを察してかそそくさとお風呂に逃げてしまう。

 学生時代から2年以上付き合っているふたり。しかし、実はまだキス以上の行為をしたことがないプラトニックな関係だ。


 過去に「心の準備ができていない」とセックスを拒んだななせだが、隠している本当の理由がある。ほくろの多い自分の顔や身体がコンプレックスで、肌を見られ幻滅されるのが怖いのだ。


 ふたり暮らしの中でもかたくなに肌を隠すななせ。しかしある日、お風呂上がりのスキンケア中に無防備な姿でいるところを北都に見られてしまう。

 飲み会帰りで珍しく少し酔っていた北都は、「もう我慢できない」と言ってななせを求める。これまで見たことのない北都の様子に気圧けおされ、ふたりは初めて身体を交わす。



 翌日、ななせは目が覚めていくほどに昨夜のことを思い出し、今更ながら身体を見られてしまったことを自覚する。


 まだ同棲を始めたばかりなのに北都にがっかりされたなんて耐えられない、と思い込んでいくななせ。一方北都も、終始無言で落ち込んだ様子のななせを見て、昨晩の自分の行動が嫌だったのではないかと心配になる。

 結局お互いに心のうちを明かせないまま、昼になるとななせはどこかへ出かけてしまう。



 行き場所を決めていなかったななせが辿り着いたのは、ふたりのお気に入りの店、喫茶『おとめ』。

 店内にいくつもある水槽のうち、『ピンポンパール』という名の金魚が泳ぐお決まりの席を選びひとりで座る。


 色も模様もさまざまな金魚たちを眺めていると、ふと彼らのエラに白い点々があるのに気づいた。それは「追星おいぼし」といって、繁殖期のオスに見られる特徴なのだと知る。


 恋のしるしとなる、星の模様。そのロマンチックさにふけっていると、ななせを探していた北都が店を訪れる。そして、ふたりにとって特別な意味を持つこの場所で、ななせは北都の知らなかった想いを聞かされることになる。


 北都のまっすぐな愛情を受け、思いがけずななせは自身のコンプレックスを許すことができそうな兆しを感じるのだった。