まばゆいほどの暗闇から

作者メイストーム

複雑な環境で生きた小学校時代。周りに合わせるためにつくった「偽物の自分」で生きるしかなかった「私」の切なくて悲しい、けど共感できることもあるかもしれない…そんな実話。