赤い瞳の奴を受け入れることにした

作者みゆ

平凡で普通のOLとして働く女性が帰宅途中、夜の住宅街で電柱の下に立って居る赤い瞳の男に遭遇した!

なんとなく嫌な予感が。

怪訝そうに赤い瞳をした男を見ると

え・・・この人血だらけ・・・

赤い瞳の男はなぜか腕から血を流していて、【関わったらヤバい系だ】そう思い、全力で無視を決め込んだがすれ違…