指先に星空を きみに花束を

作者ナツカリン

「…今までのは私もそこに仲間入りなお誘いですか?」「そこ?あ、セフレに?違うよ彼女だよ」

花屋の店長と宇宙好きの大学生の1年間の恋の話。










「じゃあさ、俺のこと育ててよ。育てるの、得意でしょ?」




「いやいや…植物じゃないんだから…」




「観葉植物と一緒だよ。水と栄養ちょうだい、日に当てて、間違えたところに伸びたら剪定して、ななさんの好きなように育てて。そしたらきっとななさんが好きな俺になるでしょ」




「なに言って…」




「いらなくなれば日陰に置いて水あげなければいいだけだよ。そしたら枯れる。ただそれだけ、ね、いいでしょ?」










花屋の店名はフィクションです