「ねぇ…する?」「…したい」微かな呟きだったが、とても熱の籠った湿った響きがした。







「………じゃ、ひとつお願いがあるんですけど」



「なに?」



突然意を決したようにグッとワインを飲み干してから圭太が低めの声で言った。



「俺を男にしてください」








画像タイトルを入力…







※登場する店名社名は架空のものです。