狐文具店、ここは世界一優しいあやかし代筆屋。 【完】

作者アラタ ヨーク

この街には、古くから続く文具屋の片隅に小さな代筆屋がある。
代筆をするのは人間とあやかしの子ども・紺(コン)。
彼女が書く代筆した手紙は、
この世からあの世へ、あの世からこの世へ届けることが出来るという。

もう会えない大切なあの人へ。
人々は最後の想いを手紙に託す。


------


街で有…

  • コメント
  • スタンプ1
  • しおり3
画像タイトルを入力…



この街には、古くから続く文具屋の片隅に小さな代筆屋がある。

誰でも携帯電話やメールで簡単に連絡が取れる時代に、

この代筆屋でなければ届けられない秘密の手紙があるそうだ。


代筆をするのは人間とあやかしの子ども・紺(コン)。

彼女が書く代筆した手紙は、

この世からあの世へ、あの世からこの世へ届けることが出来るという。


彼女だけが使うことを許された古い万年筆と藍色のインク。

送る相手に合わせて便箋を選び、綺麗な封筒に入れ、

時間を煮詰めて作った蝋で封をする。



もう会えない大切なあの人へ。

心の言葉よどうか届いて下さい。

人々は最後の想いを代筆屋の手紙に託す。



------


街で有名なイケメンのあやかし・狐族の「オアゲ」と

狐族と人間の間に生まれた高校生の「紺(こん)」


人間でもない、あやかしでもない。

どちらの能力も中途半端な紺の成長恋物語。


文具好きにも楽しめる、あやかし好きにも楽しめる物語を書きました。


------



『わが家は幽世の貸本屋さん』とのコラボ小説コンテスト参加中。


https://maho.jp/special/entry/contest-kashihonya_san

#和風あやかし