ガム中毒のあさひは、高校2年生。ある日体調が悪くて休んでいたら、柚木稲荷の見習い神主である孝に声をかけられる。とてつもなく失礼な彼に、あやかしを背負っていると言われて――



出会いは突然に。



画像タイトルを入力…


「重そうだな」

なんて失礼な人なんだろう。

第一印象は最悪で。


「あさひさんなら、私はいつでも歓迎ですよ」

人間離れしていると思った。

失礼な彼と正反対の紳士な彼。


「人間の娘には、関係の無い話だと言うておる」

やっぱりここにいるべきではない。

最初からわかりきっていたことじゃないか。


「姉ちゃんは、絶対に渡さねぇからな」

彼氏のような可愛い弟に恵まれて。




今日も私は非現実な世界を網羅する。