ひょんなことから同じクラスの問題児、狼谷玄と文化委員を務めることになった羊。彼は遅刻早退欠席を厭わず、女遊びが激しいと噂のプレイボーイだった。
苦手だったはずの彼と接するうちに、次第に「ただのクラスメート」から「大切な男友達」へと位置付けが変わっていく。
しかし、羊の何気ない一言から彼の様子がおか…




彼の第一印象は、

〈何だか怖い人〉だった気がする。








「彼女じゃなくて、お友達ね」



彼の周りには女の子が絶えないし、



「ほんとにやばかったら適当にさぼるし。

放っといて」



不真面目でちょっと苦手なタイプ。







――の、はずだった。前までは。







画像タイトルを入力…








「俺のこと、ちゃんと見てくれる?」



「帰んないで。俺と一緒にいて。

……俺から離れていこうとしないで」



「羊ちゃんに嫌われたら俺、どうなるか分かんない」




どうやら彼はに飢えた狼だったようで、




――絶対さない。一生




いつの間にか逃げ場がなくなっていました。











温かいコメントありがとうございます。

すべて有難く拝読しております◎