成り行きで藤ヶ谷の家で暮らす事になった北山は、何処か落ち着かない気持ちでいた。藤ヶ谷の優しさに触れ、少しだけ気を許しても大丈夫と思う一方で、まだ信じきれない気持ちもあったーーーーー。どうしたら良いか悩む北山に、藤ヶ谷は彼の正直な思いを大切にするように言い渡す。北山の選んだ道はーーーーーー………。