兄嫁が性教育の指導係に!?

父親の命令で、義理の姉フィオリーナと体を重ねることになった若手騎士のロベルト。

実は、彼女はロベルトがかつて片想いをしていた女性――そして、いまだに忘れられない運命のひとだった。しかも、閨教育の相手というだけでも衝撃なのに、期間はフィオリーナが妊娠するまで……!?


「今夜からおまえに閨事の指南役をつける」



閨事の指南――

若い男子が、性行為の方法を

年上の女性から教えられること。



父が大昔の慣習を持ち出してきたのは、

従軍していた兄が帰国し、

数か月経ってからのことだった。



戦地で不能になった兄の妻であり、

かつて好きだった女性を抱く――

その行為の罪悪感と背徳感に、

ロベルトは溺れていく。



「義姉上……フィオリーナ。

あなたを私のものにしたい」


「ロベルト様、わたくしをさらって。

わたくしのすべてをあなたに捧げます」