【記憶喪失×タイムリープ】七年前に記憶喪失になった晴人。住んでいた街も、一緒に遊んだ友達の顔も思い出せずにいた。だがある日、女の子との約束を思い出す。「七年後にまた会おうね!」

  • コメント
  • スタンプ1
  • しおり


『じゃあ、4月1日だね!』


『うん!4月1日のこの場所で!

きっと、お花もたくさん咲いているよ!』


『楽しみだね!』


『うん!楽しみ!』


『それじゃあ七年後に、また会おう!』


『約束だよ!』





________七年後。





その日を境に記憶を無くしていた。


七年もの間、大切な人のことを忘れていた。

全てが手遅れになってしまっていた。



「君はよく頑張ったよ。ありがとう。」



優しい口調で語りかける言葉は

全く耳に入らなかった。



「…先生、お願いがあります。」


「何かね?」


「もう一度、タイムリープマシンを

使わせてください。今度は七年前に。」



男は黙って考えていた。



「お願いします。」



「…分かった。気をつけてね。」



男はマシンの準備をし始めた。


機械の不協和音で緊張しながら

もう一度、覚悟を決めた。



「必ず、約束を守る。」




ビリビリ。ジリジリ。




タイムリープマシンが起動した。