ごく普通の女子高生が、全然普通じゃない日々と友人(?)達に振り回される話。



現実はそう甘くない。





騒がしい幼馴染に加え、その愉快な仲間達に絡まれるようになって早2年。



傍から見たら逆ハー状態の私は、日々煽り煽られ、貶し貶されの毎日を過ごしていた。





「いやだって聞いて?俺今日珍しく課題やってきたんだよ」


「わーすごい珍しい。で、これと何の関係があんの」




「あ思い出した、花生にまとわりついてるメス豚」


「誰が豚じゃいこの野郎」




「お前は女子じゃない」


「ちょっと今サラッと酷い事言った?」




「結羽ちゃん……もしかしてバカ?」


「」




誰か逆ハーの定義を教えてくれ。