「 彼女は軈て、」

作者黒熊

僕が彼女に向ける感情。

僕を象っている大切なモノ達。