主人公は父の経営していた病院が破産し、何もかもを失った16歳の紗彩。

ある日バイト先を探していると貼り紙を見つける。

面接を受け即採用されたが、そこは男子しかいない寮だった。

寮母の沼口が手術で入院をするその日に勤務開始となり、大ピンチの紗彩だったが、寮長の澪を始めとする優しい寮生が助けてくれ、難を乗り越える。

紗彩はその後も寮生達がそれぞれに抱える悩みを共有、解決しながら成長していく。


2年目の春、紗彩はかつて澪からアドバイスされたことを思い出し、高卒認定試験を受けることにし、独学で勉強を始める。

相変わらず寮生同士や学校でのトラブルは日常茶飯事で紗彩は寮生達と解決の糸口を探りながら生活していた。


紗彩が働き始めて3年目の夏、沼口は寮をやめることを宣言。

そんな中、元家政婦の三上が紗彩を訪ねてきて衝撃の事実を口にする。

また、紗彩は紫雄から告白されるが、玲央のことが気になりその場で返事が出来ない。


最後には、紗彩は悩んだ末に寮を再建するため通信制大学の経営学部に進学することを決意する。

そして、紗彩の運命の相手は...。


寮が舞台のドタバタカラフルラブコメ、爆誕。