淡色の君と、透明なセカイ

作者星野ゆか

ヘッドフォンが手放せない私には、ある秘密があった。



____音に、色が見えること。



そんな私の、ちょっと変わった「普通」のお話。