■ストーリー概要および物語の設定


男なら誰にだって『憧れの兄貴』的な存在がいるはずだ。

もしその人が兄ではなく、姉だったら……。


藤原一豊は札付きの悪と恐れられている男子高校生。

とある人に憧れて強さだけを追い求めてきた結果、喧嘩三昧の日々。


そんな一豊には日課があった。

それは『一日一善』――。

憧れの人がモットーにしてきたそれを守ることが、その人に近づくことにもなると、毎日続けていた。


ある日、一豊が喧嘩で負けそうになっていると助っ人が入った。

その助っ人の清水司こそ、一豊が幼い頃か想い続けてきた『憧れの兄貴』だった。

だが、清水司は女だった。しかも、世話焼き女子大生になっていたので、一豊は混乱するばかり……


この物語は、『憧れの兄貴』との再会で始まる、ちょっとエッチでハートフルなラブコメディ。