27歳にして、彼氏なし。その上、実家暮らしということに危機感を覚えた真白深誠は、祖父の古民家を譲り受け、一人暮らしを始める。しかし、婚活に本腰を入れようとしていた矢先、深誠の元に、小説家の御堂天祢が訪ねてくる。

「俺、ここに住まわせてもらえないかと思って、来たんです」

天祢の担当編集で、深誠の…