鈴鳴神社で恋をして

作者はなりこ

ひょんな事から妖の存在を知り、右腕の色を失ってしまった青年の駿と、鈴鳴神社で神主を仮の姿とする妖狐のユキ。
二人の恋と、妖達の話です。