捨てられた聖女のはずが、精霊の森で隣国の王子に求婚されちゃいました。

作者羽村美海

*:゚+。.☆.+*✩⡱:゚*:゚+。.☆.+*✩⡱:゚

教育熱心で過干渉気味だった両親のお陰でずっと勉強漬けだった麻生希(あそうのぞみ)は大学生になったばかりの19歳。

これからは、遊びも恋も頑張るぞと、大学デビューを果たしテニスサークル主催のキャンプに行ったはずがどういわけか異世界に聖女と…


キャンプに行って夜空に広がる満点の星空を眺めながら片想い中の先輩に告白されると思っていたら異世界に召喚された挙げ句に。


「そこの娘。『聖女』として『召喚』しておいて悪いが、もうよい。『追放』だ。どこへでも自由に行くがよい」


ーーえ!? いきなり異世界に召喚されて追放って、私、どうなっちゃうの? 元の世界に返してくれないの?


「元の世界に戻してください。どこへでも自由にって言われても困りますッ!」


とある事情から、美麗な王太子に冷たい言葉を浴びせられ、お城から追い出されてしまった希の行き着いた先は精霊の森だった。



大学デビューしたばかりの女子大生

麻生希あそうのぞみ19歳


×


サファイヤブルーの綺麗な瞳が印象的な見目麗しい隣国の王子

クリストファー・パストゥール 



精霊の森でのまさかの出会いから二人の運命が大きく動き出すーー