冷徹王子様は、あたしだけに甘い恋をする。

作者桜乃あき


橘 冬哉 (たちばな とうや)高校2年生。


その辺のアイドルよりカッコイイと噂される彼は、あたしの幼なじみ。


だけど彼は、



「だからそういうの、ウザいって言ってんじゃん」


「俺はあんたと話すことなんかない」



女嫌いの冷徹王子様で、



「いくら女嫌いでも、もうちょっと愛想良くした方がいいと思うよ!? 」



唯一まともに話が出来るのは、あたしだけ。




「実は……橘くんのこと、

ちょっと気になってるんだ……」



親友からの思いがけない告白に、

これはあたしが一肌脱ぐしかない!


……って、そう思ったのに。



「俺が男だって、ちゃんと分かってんの?」



突然の同居に、距離がぐんと縮まって。




「俺は夏海のこと、ただの幼なじみとなんか思ってない」



冬哉のこんな顔……知らない。



触れられたところから、ぎゅっと苦しくて熱くなる。


この気持ちは何ですか──?



冷徹王子様は、あたしだけに甘い恋をする。