重なる身体と、歪んだ恋情

作者桜瀬ひな

政略結婚など珍しくない大正時代。私は顔も見たこともない男と結婚する。9つも年上の彼は、私を愛したりはしない。私は、金魚鉢の金魚のように鑑賞され、ただ生かされるだけ……。

重なる身体と、歪んだ恋情


まるで、金魚鉢で口をパクパクさせてる


金魚みたい……。