ただ、君だけ…。

作者ひな

葉月紗良は、親を亡くして知り合いの家に居候している。そこにはひとつ上の深山侑斗がいて、彼は学校では人気者で――。「誰か、助けて…」オレンジのボールが、見えた。

将来とか夢とか、


もう見えなくなっていた。



そんな私にキラキラな世界を見せてくれたのは、


君でした。






だから、


さよなら――。