もう一度、私を呼んで。【完】

作者みお

「夜中は絶対リビングに来るな、いいな?」
10年ぶりに再会した彼の瞳は、ひどく冷たい色をしていた。
もう、私の名前は呼んでもらえませんか?






パソコン



「聞こえなかった?出て行けって言ってんの」


何度突き放されても、あなたの瞳に映りたい。