東京恋愛専科~または恋は言ってみりゃボディブロー~

作者名古屋ゆりあ

「私の息子とおつきあいをしてくれませんか?」


人助けをしたら、そんなことを言われました


恋をすることになった相手は、副社長!?


「あなたが好きだと言いたいんです」


そんなこと、私が1番わかってますから


※この作品は他サイトでも掲載しています

  • コメント
  • スタンプ6
  • しおり5