幼馴染が超絶カワイイ男の娘になりました【完】

作者森田あひる

ある出来事をきっかけに、同年代の男子が苦手になった蛍。

幼馴染の男の子、葵とも疎遠になったまま18歳の春を迎えると、専門学校初日の教室に葵の同姓同名が。

しかし、その子は誰もが振り向くほどの超絶可愛い女の子。

葵は男の子だから、そんなはずはないと思っていたけど。


「久しぶりだね蛍、人違い…


男の娘おとこのこ




男の娘とは、女の子にしか見えない男の子のこと。



男の子の格好をしていても女の子に見える場合や、女の子の格好やメイクをして楽しむ男の子もいて、その線引きは難しい。



葵の場合は、元々の可愛い顔立ちと小柄な体格を活かし、心も体も男ではあるが男嫌いな蛍のために男の娘となった。