あの日の君に

作者らん

学年一のイケメンと言っても過言ではない彼
初恋だった。彼の全てが好きだった。
ずっと一緒に居られると、そう思ってた




好きだった






好きでいてくれてると思ってた










それなのに