見知らぬ部屋で目覚めた私は痛む頭と体に困惑する。目の前に現れたのは怒りに震える女だった。

目覚めたら…

見知らぬ部屋で体が重くて頭も痛い…。

自分の状況も掴めない私の前に現れたのは怒りに震える女だった。






読んでくださってありがとうございます。




2015年5月3日公開しましたが、別作品の更新にかまけて(『愛人志願のお嬢様』)放置。


そのままスッカラカンと忘れ去っていました。


(;A´▽`A



しおりを挟んで下さった皆様、すいませんでした。


ゆっくりと見直しながら、反省して完結を目指します。



2016.1.29



2016.2.29からログイン出来なくなり更新が出来ない状態でした。事情説明が出来ず読者様にはご迷惑をおかけしました。

3月4日回復しました。



m(__)m



※レビューをありがとうございます。





『かまちゃんのホームページ』様。

『kazu』様。

『かよ』様。

『★ちわわんハウス★』様。



お返事はあとがきにて。





連載当初に張ってあった筈の伏線をすっかり忘れてますが、香織のリスタートを一緒に見守ってくださると嬉しいです。






ましろゆきの





※本作品は完結してますが、巻末に結婚式の様子をぼちぼち書き加えてます。



時々ページ数が増える怪現象が起きますが作者の我が儘です。ご了承ください。




m(__)m




2016.5.6