「私は不幸です」

作者ツヨシ

鍵のかかった俺の部屋にいきなり現れた男。そいつの第一声は「私は不幸です」だった。