天才少女×若頭




闇を生きる少女の前に現れた闇をまとう男。



圧倒的な権力に優れた容姿、

誰もが彼に魅了され、愛されたいと願う。



だから少女は逃げた。




──この男に惚れたら最後だと。





闇の頂点に立つ彼が、少女の秘密を暴いたとき。




新たな夢物語が幕を開ける。








※この作品は続編ですが、こちらからでも読み進められる内容となっております。

前作が気になる方は「闇色のシンデレラ」をご覧下さい。

※感想いただけると励みになります。ただし、誹謗中傷はお控えください。

※この小説はフィクションです。実在する人物や団体とは関係ありません。



執筆期間 2019.11.4~2020.12.24