土砂降りの雨の日に、最愛の母も、希望も、全てをなくした。
そんな私を拾った男は、「絶対ぇ守り抜く」──私に、そう言った。








────すべての始まりは、土砂降りの雨の日だった。






「……っ殺してよっ、」



生きる希望を失った少女と、




「絶対ぇ守り抜く」



そんな少女に恋をした青年のおはなし。